面接のとき、聞きづらい質問ってどうする?(パート編)

お役立ち情報


「残業はありますか?」「急なお休みなど取ることは可能ですか?」など
面接時に聞いておきたい質問てありますよね?
しかし、面接時にこういう質問をしたら印象が悪くなってしまうのではないだろうかと
不安になり、非常に聞きづらいのが本音ですよね。

そこで今回のテーマは、面接時に聞きづらいことをうまく質問する方法についてです。

 

はじめに心得ておきたいこと
まずはどうしても聞きたいことについて、予め優先順位をつけて絞っておくことが重要です。
というのも、むやみに聞きたいと思ったことを質問すると、面接官にマイナスな印象を与えかねないからです。
あなたにとって、働く上で『譲れない条件』を考え、それに絞って質問を用意するといいと思います。

 

具体的な質問の仕方
①残業について
②急な早退や休暇について
③労働時間について
④扶養内で働きたい場合
⑤お給料について

 

①残業について
育児や資格試験の勉強中の方など、限られた条件の中で働きたいと考えている人にとって、
残業があるのか、あるとしたらどれくらい発生するのかということは知りたいことだと思います。
しかし質問することで「この人働く気あるのか」「非協力的な人だな」という印象を与えかねないので、
聞くのを躊躇してしまいますよね。
まずは、相手が残業のことについて切り出してこないかを窺いましょう。
大抵は面接官の方から「残業はできますか?」と尋ねてくると思います。
また待ってみたものの、話がなさそうな雰囲気であれば、自分から「質問よろしいですか」と切り出して、
どこまで対応できるかを説明しましょう。
いずれにせよ、「●曜日なら●時間程度残れます」「残れる日であれば対応します」「事前に言っていただければ対応できそうです」
とフォローし、しっかりと協力的な姿勢を示しておくことが重要です。

②急な早退や休暇について
お子様がまだ小さい方や介護をしている方は、どうしても急な早退や休暇が発生してしまいますよね。
働く上で、このような課題を抱えているということは、むしろ前もって企業側に説明しておくことが大切だと思います。
伝えていなかったことで、企業側の想定していた内容と食い違ってしまったり、自分自身を追い込むことになり、
せっかく採用されても早期退職につながってしまう可能性があります。
現在の状況や課題、またその上で急な早退や休暇がどうしても発生してしまうことについて説明しましょう。
また予め実家や知人、一時保育など子どもを預けられる環境を作っておくことも必要です。
対処方法があれば、そちらも面接官に伝えておくといいでしょう。
同じような条件で働いている社員がいるということでしたら、「フォローし合っていきたい」という旨を説明することで
信頼できるということをアピールできると思います。

③柔軟に働ける環境かどうか
ほとんどの面接の場合、「週何日、何時間働けるか?」という質問が面接官からされると思います。
週を通して、希望する労働日時を答えることは問題ないかと思いますが、
お子様が小さい方や介護をしている方にとって、どうしても気になるのが柔軟な働き方ができるかどうかです。
急なお子様の授業参観などの用事が入ってしまったり、どうしても施設等に預けられない日が予め決まっているなど、
出勤日として決められた日とかぶってしまうことが出てきてしまうかと思います。
働く上で、「柔軟に働ける」という点が重要になる場合は、出勤の曜日・労働時間帯の変更や
自宅勤務について対応してもらえるか、素直に聞いてみましょう。

④扶養内で働きたい場合
この場合は、きちんと「扶養内で働きたい」という旨を面接官に伝えてください。
扶養内で働くのであれば、働ける時間が限られてきます。
聞きづらいことだとは思いますが、しっかりと意思を伝えず、扶養から外れてしまっては本末転倒です。
あなたの譲れない条件と企業側の意思をしっかりとすり合わせましょう。
このことが理由で不採用になってしまっても、お互いの条件が合わなかったということです。
仕方のないことですので、割り切ってまた次にチャレンジしましょう。

⑤お給料について
お給料がいくらもらえるのかということは、積極的に質問するのはあまりお勧めしません。
給与の情報は予め応募要項に記載がありますので、選考中である面接時に質問は控えましょう。
もし給与の質問をしたいということであれば、面接官が採用の意向を示した後がいいかと思います。
採用の話になれば、必然的に給与の話題が振られます。
その際、応募要項に記載された給与に大きな開きがある場合は、相手が給与金額を提示してくるまで待ちましょう。
もし提示された給与金額が不満な場合は、どうしてもここで採用を決めたいのか、それとも
金額面で譲れない条件なのかを見極める必要があります。
金額面で譲ることができないと判断した場合は、自分の持っている資格や経験を考慮して、給与金額の引き上げを
お願いするといいでしょう。
ただし、面接官が条件と合わないという判断をすれば、不採用ということになる可能性もあります。

まとめ
いかがでしたか?
人によって、働く上で譲れない条件には違いがあると思います。
一番よくないのは、聞きづらいからという理由で面接官に伝えずに不本意な働き方を自分に強いてしまうことです。
続けることができずに早期退職となってしまっては、お互いにとって良くない結果になってしまいます。
幸せに長く働くために、聞くべきことはきちんと質問しましょう。
その時は、自分本位にならず、謙虚な気持ちを持つことが大切だと思います。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら