この服装はあり?なし? 主婦がパート面接で押さえておきたい服装のマナー

  1. アカナビトップ
  2. ブログ一覧
  3. この服装はあり?なし? 主婦がパート面接で押さえておきたい服装のマナー

この服装はあり?なし? 主婦がパート面接で押さえておきたい服装のマナー

結婚・出産・子育て・介護などのライフイベントを迎えて一度職場を離れた女性のなかには、時間に余裕ができたころ「また働きたい」と思っている人も多いはず。
でも、久しぶりのお仕事、いざ面接となったとき「何を着ていこう?」と迷った経験はありませんか?
今回は主婦がパート面接の際に押さえておきたい服装のマナーについて紹介します。


■面接先のテイストに合わせた服装で!
アカナビも含め、その他の求人媒体やHPでの募集でも、今は社内の様子が分かる写真が掲載されていることがほとんど。
まずはそこに写っている現役の社員の方々の服装テイストを参考にしましょう。

男性も女性も基本的にジャケットスタイルなのか、
Tシャツやデニムのカジュアルスタイルなのか、
服装の色味は、髪型や髪の色は、アクセサリーは、足元は・・・

一口に「オフィス」といっても、業界や職種、年齢層によってテイストは様々です。
応募先企業の業種や職種にふさわしい服装を選ぶことを心がけましょう。

そして、写真に写る方が全員デニムとスニーカーだったとしても、それらは普段働く方たちの、いわば「平服」です。
面接というオフィシャルな場に合わせた「礼服」要素を追加しましょう。


■基本的にはジャケットが必須
いわゆるセットアップスーツである必要はありませんが、オフィシャルな場ということでジャケットは用意しましょう。
ジャケットもお子様の学校の式典で着用するような、ノーカラーで飾りボタンが華やかなタイプではなく、襟付きのシングルボタンジャケットがビジネスの場には適切です。
お持ちでない場合、1着あると便利なダークグレーかベージュで、スタンダードな形のジャケットをご購入することをお勧めいたします。(黒はリクルートスーツや冠婚葬祭感が出てしまうので、社会人の1着としてはあまりお勧めいたしません)

ジャケットの下はシンプルなブラウスかシャツ、冬場ならハイネックや襟ぐりが狭い薄手のニットでも問題ありません。
ボトムはひざ丈のスカートかタックの入ったスラックスだと、オフィススタイルとしてきちんとした印象です。
全体的に柄物は避け、無地がおすすめです。

お写真を見て、日ごろジャケットを羽織っている人が少ないようなオフィスでしたら、夏場は襟付きのシャツのみのジャケットオフでも問題ないことが多いです。


■トップスは明るい色がお勧め
服装の色味は基本モノトーンで揃えた方がオフィシャルな雰囲気にまとまりますが、黒やグレーばかりでまとめると顔色も悪く見え、暗い印象になってしまいます。
ジャケットがダークカラーであれば、その分トップスには白やパステルカラーを使用して、顔周りをパッと明るい印象にしましょう。


■髪型や髪の色、アクセサリーは?
志望業界がアパレルか美容系でない限りは、金髪やそれに近い明るさの髪色はトーンダウンさせた方が第一印象として安心感を与えます。
インナーカラーで明るい色を入れている方は、一つにくくって目立たなくしてしまいましょう。
髪型は、前髪をピンでとめたりスプレーで形をキープさせたり、長い方であればまとめ髪にするだけでも、面接官にきちんとした印象を与えることができます。
何度も髪を耳にかけ直す仕草は落ち着きがなく見えてしまうので、長い方は特に要注意です。

ジェルネイルをされている方は、長いと「パソコン操作が出来ないのでは」と思われてしまうこともあるので、タイミングが合えばオフしてしまうのも手です。
付け替えたばかりの場合、色味やアートが派手でなければ気にされないケースが大半ですが、市販のベージュやピンクのマニキュアを上から塗ることで一時的にカバーすることも出来ます。
(アセトンフリーの除光液を使用すれば、元のジェルネイルも傷つけずオフ出来ます)

アクセサリーを付ける場合は大ぶりなネックレスやピアスなどは避け、品のあるサイズや色にしましょう。


■足元も要注意!
ローヒールのパンプスより、3~5センチほどヒールのある方が、適度に足に力が入り姿勢を保ちやすくキレイに見せてくれるのでお勧めです。
色は黒、ベージュなど落ち着いた色味だと、どの様な服装にも合わせやすいです。

見落としがちですが、つま先のほつれ、ヒール部分の芯の露出、雨染みや泥による変色など、きちんとつま先からかかとまでチェックしましょう。
せっかく服装を整えても足元が汚れていると台無しになってしまいます。


面接はあなたがどんな人か企業が見極める大切な場。
面接での受け答えやこれまでの職歴などを総合的に判断されるとはいえ、服装や身だしなみは第一印象を左右します。
TPOに合った服装選びも社会人のたしなみの一つととらえ、面接の場に適した洋服で臨みましょう!