面接で第一印象を良くしたい!意識したい5つのポイント

  1. アカナビトップ
  2. ブログ一覧
  3. 面接で第一印象を良くしたい!意識したい5つのポイント

面接で第一印象を良くしたい!意識したい5つのポイント

転職活動の面接というと、志望動機や自己PRをどうすれば上手く伝えられるかということに意識が向きがちですが、それ以上に、自分の第一印象に気を配ることも大切です。
第一印象が面接に与える影響は大きく、面接を受ける側の評価の多くは、この段階で決まるとも言われています。
今回は、第一印象を改善するための方法を5つご紹介します。


到着時間
面接場所への遅刻はもちろんNGですが、会場に到着する時間が早すぎるのも相手にいい印象を与えません。
例えば開始30分前に受付に到着したとしても、採用担当者は別の仕事をしている場合があります。この場合、担当者の方に気をつかわせてしまい、第一印象に響いてくるかもしれません。
会場の周辺に早めに着いたとしても、会社へ訪問する時間は、開始5~10分前に留めておきましょう。

オンライン面接の場合も同様に、採用担当者が待機場所を開けていないのにログインしてしまった場合、あなたが待っていることが通知され、担当者を急かしてしまうことになり兼ねません。
予定時間の3分前のログインで十分ですので、早く入りすぎないよう気を付けましょう。

挨拶
第一印象を高めるためにも、はじめの挨拶は非常に重要です。相手の方をきちんと向き、普段よりも明るく笑顔で最初の一声を出すことが大切です。面接の場は緊張することも多いと思いますが、そのような中でも笑顔を心がける事を意識してみて下さい。
また、マスク越しだと余計に表情は見えづらくなります。
鏡に映っている自分の表情は明るいか、マスクをつけた状態で事前に確認しておきましょう。きちんとした挨拶と笑顔ができるだけで、第一印象を大幅に改善することができます。

服装
第一印象を高める上で、最も重要になるのが服装です。面接では、清潔感のある服装を着用することが大切です。
スーツやシャツがヨレヨレ、ストッキングが伝線している、パンプスのつま先が剥げている・・・などの状態は要注意。
面接当日までに、着用する服に汚れがないかを確認すると共に、当日のカバンには替えのストッキングも用意しておきましょう。

オンライン面接の場合、多くの場合は上半身しか見えませんので、その分襟元がよれていないか、顔色が悪く見える色味ではないかなどに気を使いましょう。

髪型・小物
髪型や小物も、第一印象に大きな影響を与えるポイントです。髪が乱れていないか、寝癖が付いてないかを、面接前にトイレに行って確認しておきましょう。
靴が汚れていないかを自宅であらかじめ確認しておき、汚れていた場合は事前に磨いておきましょう。
香水を使用されている方は、香りが強めのものを選んでいないかを意識することが大切です。アクセサリーは派手なものは控えましょう。

姿勢
姿勢も第一印象に大きく影響を及ぼすポイントです。姿勢が悪いと、面接官に「この人は自分に自信がないのでは・・・」という印象を与えてしまいます。
面接前に、頭のてっぺんから眉、耳、肩、手足、かかとが一直線になっているか確認しておきましょう。
あごの角度は高すぎると威圧的に、逆に低いとこちらも自信がなさそうに見えるので注意が必要です。椅子に座る際は背筋を伸ばし、背もたれにもたれずに座るのがコツです。手は膝の上に起き、足は組まずに揃えることを意識しましょう。
そして、これらがきちんと出来ているか、身近な人に確認してもらうのもオススメです。


まとめ
面接で第一印象を改善するには、到着時間を守り、身だしなみに気を配ることが大切です。面接が始まったら、きちんとした姿勢で明るく挨拶をすることで、面接官に良い印象を与える事ができます。
第一印象は相手に大きな影響を与えるため、転職活動に限らず、日ごろから意識していきましょう!

▶▶アカナビで求人を見てみる