この服装はあり?なし? 主婦がパート面接で押さえておきたい服装のマナー

お役立ち情報

mensetsu_fukusou

結婚・出産・子育てなどのライフイベントを迎えて一度職場を離れた女性のなかには、時間に余裕ができ「また働きたい」と思っている人も多いはず。
でも、いざ面接となったとき「何を着ていこう?」と迷った経験はありませんか?
今回は主婦がパート面接の際に押さえておきたい服装のマナーについて紹介します。

■スーツスタイルじゃなきゃダメ?

新卒の就職活動ではリクルートスーツスタイルが一般的ですが、社会人の転職・就職活動では応募先企業の業種や職種にふさわしい服装を選ぶことを心がけましょう。
例えば、事務職や窓口業務などのオフィスワークの面接なら、スーツスタイルかジャケットを着用するのがベター。
スーツやジャケットを持っていない場合は、面接のためだけに無理に服を購入する必要はありません。
いつも着ているブラウスでも、きちんとアイロンがけをした清潔感のあるものなら面接への意気込みや誠実さがきちんと伝わるはずです。
でも、ジャケットを着ていた方が落ち着いて面接に臨めると感じたなら購入するのも手。落ち着いて自信を持った状態で面接に臨めることが一番です。

■「カジュアルな服装でOK」は信じていいの?

業種や職種によっては、「カジュアルな服装でOK」や「私服で来てください」と企業からオファーがあることも。
例えばアパレル業の場合は、その人のファッションセンスも面接の判断材料一つになりますから、リクルートスーツは避け、応募先のブランドターゲットに合った服装を心がけることがマナーです。
それ以外の業種の場合は、「カジュアルな服装でOK」「私服でOK」と言われていてもジーンズなどはさけるのが無難です。
自分ではおしゃれだと思っていても、カジュアルすぎる服装は「だらしない」「不潔」といったマイナスの印象を与えてしまう可能性もあるからです。ジャケットは着用していなくても、シンプルで上品な服装を心がけましょう。

■身だしなみもととのえて

服装が決まったら、髪型やメイクのチェックも忘れずに。面接の場では、派手すぎるメイクやネイルは基本的にはNGです。髪型は、前髪をピンでとめたり、まとめ髪にするだけでも面接官にきちんとした印象を与えることができます。ストッキングが伝線していないか服にシミやしわがないかや靴の汚れなどについてもチェックしましょう。

面接はあなたがどんな人か企業が見極める大切な場。面接での受け答えやこれまでの職歴などを総合的に判断されるとはいえ、服装や身だしなみは第一印象を左右します。服装選びも社会人のたしなみの一つととらえ、面接の場に適した洋服で臨みましょう。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら