経理と財務の違い

お役立ち情報

経理とは?

経理とは「経営管理」を略したものだと言われます。
数字を扱うということは会社経営において、とても重要な役割を果たします。
それだけを聞くと非常に敷居が高いと感じるかも知れませんが、実際の経理の仕事は伝票の起票、帳簿の記帳、支払業務など、日々のお金の処理に関する業務が基本となります。
一方で、決算書の作成、税務申告、国際税務、連結決算、有価証券報告書の作成、開示業務など、高度なスキルが必要になる仕事もあります。
一口に経理と言っても、会社によってその業務の幅は様々です。
一つ言えるのは、スキルアップをしていけば、確実にキャリアアップにつながっていく奥の深い仕事ということではないでしょうか。

財務とは?
財務の仕事は、経理と大きく違う点として、資金調達や運用など「お金をどう集めるか」「お金をどう管理するか」ということが主な仕事ということです。
例えば、新規事業を立ち上げるにも、お金が必要になります。
その際に金融機関から借りるのか、出資を募るのか、など調達手段の検討も必要ですし、交渉時に相手に納得してもらう事業計画の作成も必要です。
また、事業が立ち上がった後の予算管理なども財務の重要な仕事です。

経理と財務の違いを簡潔にまとめると、
「経理は、会社経営の結果を数字でまとめる仕事」
「財務は、会社経営をしていくにあたり必要なお金を集め、使い方を管理する仕事」
というように考えると良いかと思います。

経理と財務は混同されやすい仕事ですが、その要因として、企業によっては経理担当者が財務の仕事も並行して行っていることが大きいかと思います。
財務部として財務の仕事だけを行う専任部署を置いている企業は、ほとんど大手企業に集中しています。
中小企業においては、一人の担当者が経理も財務も幅広く対応しているのが実態と言えます。


新着求人一覧


求人を今すぐ検索する

アカナビメルマガへのお申込みはこちら