もうすぐ税理士試験合格発表!税理士バッジにまつわる話<キャリアアドバイザーの徒然会計さんぽ>

お役立ち情報


  
▶▶アカナビで求人を見てみる
  

みなさん、こんにちは。
間もなく12月18日。税理士試験の合格発表の日が近づいてまいりました。
受験者のみなさんに、桜の花が咲きますように!

桜の花といえば、税理士バッジのデザインにも桜の花が採用されていますよね。
このデザインは「桜花の図」と呼ばれていて、当時の大蔵省造幣局が作成しました。
桜の花は、大蔵省のシンボルマークだったそうです。

このバッジは税理士登録が完了したときの交付式にて受け取れます。
試験に合格しただけでは、税理士の資格を持っているとは言えません。
税理士名簿に登録し、税理士会に入会して初めて税理士業務を行えるようになるのです。

その税理士登録の際に「税理士証票交付式」が行われ、税理士証票と一緒に税理士バッジを受け取ります。
バッジの裏には登録番号が刻印されているんですよ。

しかし、税理士バッジをしていらっしゃる税理士の方をあまり見ないような。
吉岡調べでは、
「バッジをつけなくても仕事ができる」
「バッジをなくしたときの手続きが面倒。費用もかかる」

という理由で着用しない方が多いようです。

弁護士の方だとバッジなしでは入れない場所もありますが、税理士の方には特にそういう場所はありませんものね。

せっかく素敵なデザインなのだから身に着ければよいのにとも思いますが、わたしも自分が税理士だったらきっと着用しないでしょう。
再交付に5,000円かかってしまうので、いろいろなところにいろいろなものを置き忘れるわたしにとっては着用するリスクが高すぎる……笑

ちなみにプラチナ製の税理士バッジを依頼することもできます。お値段は15,000円とのこと!

気になる税理士試験の結果については、
来週の「アカナビ編集長のコラム~会計で働く主婦の味方~」のコラムで配信します!

 
 
 


 

 プロフィール 

吉岡 美香
株式会社レックスアドバイザーズ
キャリアアドバイザー

大学院修了後、印刷業界にて約7年間企画営業を務める。
クライアントであった各社人事部との関わりのなかで
社員のキャリアアップ・モチベーションアップにつながるような記事を担当する機会が多く、
自身のキャリアについて考えるようになる。
その後、人材業界にキャリアチェンジ。
会計業界からコンサルティングファーム、知財、企業の管理部門にわたる幅広い分野で、
自身のキャリアチェンジの経験から、転職希望者に寄り添った転職支援に力を入れている。

————————————————
会計事務所、管理部門、コンサルティングファーム、特許事務所の転職をお考えの方は
本キャリアアドバイザーを指名して相談することができます。
▶ご希望の方はこちらから(レックスアドバイザーズの人材紹介サイトのページが開きます)

 


新着求人一覧


求人を今すぐ検索する

アカナビメルマガへのお申込みはこちら