《税理士を目指す方必見》税理士試験合格までのキャリア・転職について考えてみましょうー中編<キャリアアドバイザーの徒然会計さんぽ>

お役立ち情報


  
▶▶アカナビで求人を見てみる
  

みなさん、こんにちは。
8月に入りましたね! 
今回は、前々回コラムの続編「税理士試験の科目を3から4科目取得され、会計事務所経験を持っている方」へのキャリアについてお伝えします。

しかしながら、実際のところなんとアドバイス差し上げたらよいか…。
実は少し迷っています。その理由は、昨年までと今年とでは転職市場の状況が異なっているためです。

それでは、税理士法人の規模別にひも解いてみましょう。
  

■Big4にチャレンジしたい方

昨年まで、Big4の税理士法人のコアターゲットは「30代前半までで3科目以上の方」でした。
したがって、昨年までであれば、3科目以上をお持ちの30代前半までの方でBig4にチャレンジしたい方に対しては、
「じゅうぶんにチャレンジできます。応募してみましょう!」とお伝えしていました。
30代後半になってくると、科目や事務所経験だけでなく、
マネジメント経験や英語のスキル、どのようなクライアントを担当してきたかなどの要素も選考要素によって関係してきます。
したがって、30代前半までにスタッフ、シニアスタッフという職位で転職するのがもっとも適切な応募タイミングと言えました。

しかしながら、今年はとても選考ハードルが厳しいと言えます。
昨年とは打って変わり、今年のコアターゲットは
「Big4税理士法人でマネージャー以上の職位にある方、応募先の職務内容と同じ分野の経験をお持ちの方」だからです。

実際に税理士の資格をお持ちでもBig4の経験がない方や、Big4に所属していても4科目以下の方々がのきなみ書類でお見送りになっています。
「Big4に入る」ことが目的の転職であれば、上記のような状況も踏まえてダメモトでBig4を受けてみるのもよいと思います。
仮に書類でお見送りとなったとしても、転職市場の状況が変われば再度応募が可能だからです。
また、現在20代の方であれば、今年は受けずに来年状況が変わってから応募するのもよいかもしれません。
でも、「Big4が行っているような高度な税務に携わりたい」というように業務に軸をおいた転職活動なのであれば、
Big4にこだわらず、Big4以外だけれどもBig4と同じレベルの税務が経験できる、国内型の事務所を検討するのもよいのではないかと思います。
  

■国内大手・中堅の事務所にチャレンジしたい方、個人事務所にチャレンジしたい方

国内大手・中堅の事務所や個人事務所に関しては、もちろん事務所にもよりますが、Big4よりは選考ハードルが低いです。
むしろ、ふだんの年であればBig4にチャレンジされる方々がBig4以外の事務所に応募されることを見越して、
この機会に積極的に採用しようとしている事務所さえあります。そういう意味では、応募しやすいと言えるでしょう。

一口に国内型の事務所といっても、行っている業務内容も様々ですし、
クライアントの規模も様々、社風や福利厚生、研修制度なども様々です。
同じくらいの規模感の事務所でも、同じような業務を行っているとは限りません。
選択肢が無数にあると言っても過言ではないので、わたくしどものようなエージェントを活用して、
それぞれの事務所の特徴を把握したうえで応募先を決めるとスムーズかと思います。

  

■特化型事務所にチャレンジしたい方、企業にチャレンジしたい方

資産税特化、国際税務特化など、なにかに特化した専門分野を持っている事務所に関しては、
例年通り採用活動を行っているか、今年は採用活動を見合わせているかの二極化が顕著です。
採用活動をしている事務所であれば、例年とそんなに選考ハードルは変わらない印象です。
もちろん、その分野にはじめて挑戦する方よりは経験者、即戦力となれる方のほうが書類合格率は高い傾向にありますが、それも例年どおりです。

企業に関しては、大手企業ほど採用に慎重になっている傾向が見受けられますが、税務チームがあるなど、
税務の知識を持った方を採用したいという企業は基本的に大手企業です。
企業で税務をやりたいと考えていらっしゃるのであれば、今年は例年よりも厳しい転職活動となるでしょう。
一方で、冒頭のBig4と同様、企業のコアターゲットは30代前半までであることが多いので、
ご自身がいま30代なかばに差し掛かっているのでしたら、応募してみる価値はあるかもしれません。

今年は例年以上に、ご自身のキャリアと転職市場を見極めながら、
転職の時期や転職先を検討していく必要がありそうです。

次回、後編につづきます。

  
▶▶前編はこちらからお読みください

 
 
 


 

 プロフィール 

吉岡 美香
株式会社レックスアドバイザーズ
キャリアアドバイザー

大学院修了後、印刷業界にて約7年間企画営業を務める。
クライアントであった各社人事部との関わりのなかで
社員のキャリアアップ・モチベーションアップにつながるような記事を担当する機会が多く、
自身のキャリアについて考えるようになる。
その後、人材業界にキャリアチェンジ。
会計業界からコンサルティングファーム、知財、企業の管理部門にわたる幅広い分野で、
自身のキャリアチェンジの経験から、転職希望者に寄り添った転職支援に力を入れている。

————————————————
会計事務所、管理部門、コンサルティングファーム、特許事務所の転職をお考えの方は
本キャリアアドバイザーを指名して相談することができます。
▶ご希望の方はこちらから(レックスアドバイザーズの人材紹介サイトのページが開きます)

 


新着求人一覧


求人を今すぐ検索する

アカナビメルマガへのお申込みはこちら