あいわ税理士法人 様 採用成功事例

お役立ち情報 採用成功事例

(入社6ヶ月 女性・会計事務所経験あり)

-ご入社の経緯を教えて下さい。

別の会計事務所にて勤務をしていたのですが、ワークライフバランスを図りたいと思い、ネットで求人を探していたところアカナビの求人にたどり着きました。
写真を見て女性も働きやすそうだと思ったのと、週1日でも検討してもらえるとのことでしたので応募を決めました。

 

-ご入社後に感じたことはどんなことですか?

あいわ税理士法人のスタッフは税理士有資格者も半数以上と多く、正直はじめは話しかけづらいのかなと思いましたが、
どの先輩に質問をしても手を止めて、その場で丁寧に教えてくれます。
お客様に対しても、周りのスタッフに対しても、役に立ちたいという気持ちを持っているからだと思います。
人の良さは当会計事務所の魅力のひとつでもあると思います。

 

-お仕事をされる中で良かったことはありますか?

今は会計ソフトを使ったデータ入力や、決算、申告書作成のサポート業務を任されています。
今までの経験を活かしながらも難しい案件などもあるので日々成長を感じながら仕事ができているのが良かったです。
繁忙期でもパート・アルバイトは残業をすることはなく時間通りに帰れます。
シフトも変更自由なので働きやすいですよ。

 

-最後にメッセージをお願いします

プライベートと両立ができる会計事務所というのはなかなかなかったので、ご縁があり本当に良かったなと思っています。
あいわ税理士法人は、男女や働き方に関係なく平等に評価をしてくれる環境です。今後は、より効率的に成果が出せるよう頑張りたいです。

 

……………………………………

代表社員 石川 正敏様より

青は藍より出でて藍より青し
あいわ税理士法人の名称は、前身である藍和共同事務所に由来します。「藍」は「青は藍より出でて藍より青し」という諺から取りました。
これは、中国の思想家である荀子(じゅんし)の言葉です。

青色の染料は、藍という原料から取れるが、放っておいたら染料は取れない。
しかし、難しい工程(教育・努力)があれば、藍から取れた染料の青さは原料の藍よりも濃く、鮮やかになる、という意味です。

つまり、周囲のサポートと本人の努力によって、教えた人よりも教えられた人の方がすぐれていく、弟子が先生を超えていく、というたとえです。
入社したみなさんが、われわれ先輩を超えてすばらしい人材になっていく、そんな組織でありたいという思いからこの商号にいたしました。

 

すべての経験が財産になる
われわれプロフェッショナルの価値は、「知識」×「経験」×「人間力」で決まります。
たしかに専門書で知識を得ることは重要です。
しかし、経験の裏付けのない言葉には深みがなく、それだけではクライアントの納得を得ることはできません。

経験に裏付けられた言葉こそがクライアントの心に響くものです。
プロフェッショナルの世界において、特に若いうちに積んだ経験は、その後の自分の人生において何倍もの価値になってはね返ってきます。
あいわ税理士法人では、自ら手を挙げて積極的に仕事に取り組むみなさんをサポートします。

それは、みなさんに少しでも多くの経験を少しでも早く自分の財産として蓄積してもらいたいと考えているからです。
「人間力」とは、「人格」もしくは「誠実さ」と言い換えても良いかもしれません。
いかに貴重なアドバイスであっても、信頼が得られなければ、聞き入れてもらえません。
われわれはプロフェッショナルであると同時に、人として、ビジネスマンとして、一人前でなければならないと考えます。

 

プロフェッショナルとして
あいわ税理士法人の経営理念は、クライアントへの税務・会計コンサルティングを通じた社会貢献です。
税務、会計の知識をベースに経営管理の分野でクライアントに貢献することを追求していきます。
将来、あいわでパートナーになり活躍するのもよし、独立するのもよいでしょう。
1人1人が目的意識をもったプロフェッショナルとして、クライアントファーストの理念のもと、経営者視点でサービスを提供していきます。
みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。
……………………………………
あいわ税理士法人
平成4年7月設立。(平成14年11月にあいわ税理士法人へ組織変更)
大企業から中堅企業を中心とした法人クライアントと税務顧問契約を締結。
メイン業務となる税務相談や申告書作成業務に加えて、グループ組織再編や連結納税の採用、M&Aにおけるアドバイス業務など税務戦略に関する提案業務にも注力。

最近では、豊富な上場企業クライアントの経験を活かし、IPOを目指す企業に対するサポートにも力を入れている。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら