資格取得も目指せる!会計事務所へ転職することのメリット

お役立ち情報 会計事務所への転職

pixta_15696611_M

経理職には、大きくわけてふたつの道があります。ひとつは企業内での経理職。そしてもうひとつは会計事務所で働くという道です。もしあなたがいま、キャリアに迷っているという状況であれば、会計事務所で働くという道も検討してはいかがでしょうか。会計事務所は、資格取得も目指せるところが多く、メリットもたくさんあげられます。では早速そのメリットについて見ていきましょう。

 

■会計税務のプロと一緒に働ける
会計事務所では法人や個人のお客様との顧問契約にもとづき、税理士や公認会計士が会計処理や税務申告などを請け負っています。普通の企業内経理とは違い、ライセンスを持った、会計税務の専門家とともに仕事を行うという特徴があげられます。

会計税務のプロとはどういうものか、間近で見て一緒に経験を積めるというのは、会計事務所で働くことの大きなメリットです。また、さまざまな企業の会計業務の請負やアドバイス業務を行っており、業種や事業規模の異なる多くの企業の会計に触れることが可能です。

仕事の相手は規模の大小はあれ、経営者や経営を任されている方々たちです。立派な考えを持った経営者もたくさんいらっしゃるので、こうした方と出会い、お話を聞くことは、ご自身のキャリアや、人生を考えるうえでの大きな力となるかもしれません。

 

■資格取得の足掛かりとなる
会計事務所では、公認会計士や税理士だけでなく、こうした資格や簿記検定の取得を目指して勉強しながら働いているスタッフが多く在籍しています。仕事と勉強の両立は、心身ともに苦しいこともありますが、周りに同じような勉強をしている人がいるのは、モチベーションの維持に大きく貢献してくれるのではないでしょうか。

また、事務所にもよりますが、試験前にまとまった休暇をくれたり、受験生をバックアップしてくれたりする事務所も多いようです。資格を目指される方は、面接などで事前に確認しておきましょう。もちろん努力は必要ですが、資格を目指しながらその実務を行うことができるのは会計事務所ならではのメリットです。まさに、一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

 

■自身のキャリアに有用な経験が積める
会計事務所の業務は、単にクライアントの経理や税務申告を代行するだけにとどまりません。税務調査の立ち会いや社会保険事務、さらには企業買収の実務をコーディネートしたり、経営計画を経営者とともに策定したり経営相談を受けたりと、実に多肢にわたるのです。

また、最近では相続や国際税務、組織再編など、難解な税務分野に特化している事務所も増えてきています。ご自身の目指すキャリアに合った仕事や事務所選びに積極的に取り組めば、ひとつの企業内で勤務するより、多くの実務経験を積むことができるかもしれません。

 

■おわりに
会計事務所と一口に言ってもその事業形態もさまざまです。自分の目指すキャリアに合わせて会計事務所を選び、職務に専念すれば、資格取得への道が開けたり、これからの人生を考えるきっかけにできたりするかもしれません。どういった企業で働こうか悩んでいるのであれば、ここはひとつ、会計事務所という選択も検討してみてはいかがでしょうか?


アカナビメルマガへのお申込みはこちら