税理士受験生が、会計事務所勤務を経験すべき理由とは?

お役立ち情報 会計事務所への転職

税理士受験生が、会計事務所勤務を経験すべき理由とは?

数ある国家資格の中でも難関であるとされる税理士試験。しかし、税理士としてのキャリアを考えた場合、試験合格が必須になるものの、ひとつの通過点にすぎないのも事実です。

したがって、税理士資格は働きながら取得するのは、良い方法と言えるでしょう。そこで今回は、税理士事務所での勤務と、資格取得のための勉強についてお話していきましょう。

■仕事と勉強との両立について

働きながら資格取得を目指す場合、どう両立していくかが大切になってきます。ポイントはふたつ。繁忙期も勉強を続けることと、勉強時間を効率的に確保することです。

たとえば、会計事務所に勤務している場合、年末から5月くらいまでが繁忙期になります。2月や3月はとくに忙しくなりますので、この時期に落ちこぼれてしまわないよう気をつけましょう。

専門学校などでの平均点キープを目標に、通勤電車の中や休みの日の数時間、とにかく長期間勉強しない日を作らないことを意識してみてください。3月を乗り越えると幾分仕事も落ち着くはずですので、3月の疲れを癒したら、4月の中旬頃から、勉強モードへの切り替えを行っていきましょう。

そして、勉強時間を捻出するためには、仕事を効率的にこなす、移動は電車にして勉強時間にあてるなど、工夫して時間を確保することが大切です。まずはこの二点を意識して、仕事と勉強との両立に取り組んでみましょう。

■机上の勉強と実務との違いについて

非常に簡単に言えば、『1+1』という問題に対して『2』という答えを出すために必要な知識や計算式を理解し暗記をするのが試験勉強です。すでに『1+1』いう前提条件が与えられているのです。

一方実務では、ある出来事が『「1+1」いう問題なのか、それとも「1+2」いう問題なのか』という、前提条件そのものを、判断したり、決定したりしていくことになります。

つまり、前提条件を自分で設定するということが、実務と試験勉強との違いであり、経験が必要になってくるのです。

もっとも、『「1+1」いう問題だ』とわかったとしても『2』という答えを出せなければ、仕事になりませんので、資格試験は税理士として仕事をするための、第一歩と言えるでしょう。


■実務知識は試験合格に役立つか?

実務知識で得た知識が直接的に試験合格に役立つことは、それほど期待できない、というのが、正直なところかもしれません。しかし、実務を併用して進めることで『1+1』がどうして『2』となるのかを、資格試験の段階から理解していくことができるため、これは、今後の実務にも生きてきます。

そして、理解したうえで暗記できるという点で、資格取得に役に立つこともあるかもしれません。機械的な暗記の場合、少しひねった問題が出題されると、それだけでお手上げということも少なくありませんが、実務と併用することで、自然と暗記の質を上げることができるのです。

仕事と勉強の両立は、精神的にも肉体的にも疲れます。しかし、資格試験の目的は合格することではなく、合格後に活躍するため。それを考えると、仕事と勉強を共に進めていくことは、将来のためとも言えるでしょう。勉強時間の確保をしながら、スキルも身につければ、きっと素敵な税理士ライフが待っているはずです。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら