会計事務所って、何をするところ?~主要3業務の内容~

お役立ち情報 会計事務所への転職

会計事務所では、会社や個人事業主と顧問契約を結び、経理や決算のお手伝いをすることを基本的な仕事としています。また、税務署とお客さまとの間に立って、本来お客さんがすべき税務手続きの代理を行うのも仕事のひとつです。

この税務手続きの代理は、税理士資格がないと行えないため、税理士という仕事が成立するのです。今回はその業務概要を、大きく3つの柱にわけてご紹介していきたいと思います。


決算書・税務申告書作成について

会計事務所のもっともポピュラーな業務が、決算書作成も含めた「記帳代行業務」と呼ばれるものと「税務代理業務」と呼ばれるものです。

記帳代行業務」は、日々の帳簿作成や会計ソフトへの仕訳入力などの業務の代行です。こうした業務について社員を雇うより、コスト面や処理の正確性からも会計事務所に代行してもらったほうが合理的であるような、小規模な会社・個人事業主・開業しているドクターなどから受ける仕事です。

比較的経験の浅い会計事務所職員がソフト入力などを行い、税理士やベテラン職員がその結果を受けて経営者に報告したり、善後策の打ち合わせをしたりという流れが一般的です。

税務代理業務」は、お客さまから委任を受けて、税理士が税務申告書を作成し、税務署へ申告する業務を指します。本来的には、税金の申告は、納税者本人が行うものです。しかし、日本の税法はなかなか難解で、本人で申告書を正しく作成するのが難しいという現実があります。そのため、税理士や会計事務所職員が、税務申告書の作成を通常業務として行っているのです。


税務調査の立会・税務当局との折衝

税務調査に立ち会うことも、大切な仕事のひとつです。税務調査で税理士も知らなかった問題点が発覚したり、もともと調査で話題になるかもれないと予見していたことについて指摘があったりした場合に、税務署とお客さんの間に立って、双方納得のいく落としどころを見つけるのが、税理士の役目にあたります。

税理士本人が立ち会うのは当然のことですが、顧客をたくさん抱える事務所などの場合、その会社の細かい取引などは、担当職員のほうが詳しかったりすることもあり得ます。

そういう場合には、職員も一緒に立ち会うケースもしばしばあります。ある意味、自分が処理した内容が調査されているわけですから、正直、ヒヤヒヤするという職員さんも少なくないようです。


よろず相談所(相談はとりあえず税理士から)

ここまでくると、ある程度は想像していただけるかもしれませんが、会計事務所は他の士業事務所と異なり、顧客との接触がとても多いのが特徴です。毎月その経営者と顔を合わすことも多いため、とにかくなんでも、まず会計事務所に相談というケースが少なくないのです。

専門的な相談はもちろんですが、夫婦喧嘩や親族間のもめ事まで相談されるケースも。今後、税理士として働いていこうと考えている方はこういったことも頭に入れておくと安心ですよ。

仕事相手が経営者であったり、税務職員であったりと、なかなか一筋縄にいかないことも多い職種ですが、逆に言えばそういった人達と仕事ができるのは、とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。就職先に会計事務所を検討している方はぜひ参考にしてみてください。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら