一般企業経理から会計事務所への転職をお考えの方

会計事務所への転職


 

一般企業から会計事務所に転職する人が増えている!?
 

企業として活動していくためには、規模の大小に関わらず納税の義務は避けられません。
しかし、中小企業の多くはしっかりとした経理部門を持たないため、人員不足や専任者不在などの理由で
自社だけでは対応しきれないのが現状です。
そこで大半の企業は、決算処理や納税申告のように専門的な知識を要する高度な業務について、
会計事務所に委託をしています。
またその他にも、経営相談や相続に関するコンサルティングを企業に対して行っている会計事務所も増えました。
このように、中小企業にとって会計事務所は無くてはならない存在です。

 

このような中で、近年一般企業から会計事務所に転職する方が増えてきています。
転職を思い立つ方たちのほとんどが経理を担当していたなど、お金周りの業務に携わってきた方たちです。
主な転職の理由としては、以下です。

 
・業務を通して「税」についての関心が高まり、専門的な会計の知識を身につけて、より活躍していきたい。
 
・業務の細分化・分業化による決まったルーティン業務だけでなく、新しいことに挑戦し、成長したい。
 
 
一般企業の経理の仕事と会計事務所の違い
 

■一般企業経理の場合
一般企業の経理は、クライアントはいません。自社の経費清算や給与計算、決算業務などが
中心になります。自社の経営数値を分析しデータや資料をまとめるなど、自社の経営をサポートする
“縁の下の力持ち”のような仕事です。

 
■会計事務所の場合
会計事務所は意外かもしれませんが、実は「サービス業」に分類されます。
会社の経理部門や個人事業主などをクライアントとして、決算や税務申告書作成の代行を行っています。
また資金繰りの相談や節税対策など、経営に結びつくアドバイスを行うこともありますので、
より専門的な視点からクライアント企業をサポートすることができます。
事務所により差はありますが、1人平均10~20社ほどお客様を担当します。
同時に複数のお客様の業務を請け負うところも、一般企業とはまったく違った特徴ですね。
 
 

会計事務所に転職後のキャリア
 

近頃の会計事務所は研修・教育体制が整っている会計事務所が多くあります。
簿記の知識がない方でも、3年を1つの目処として「自信を持って一連の税務を担当できる」
レベルまで成長することが可能です。
初めは簡単な補助業務からスタートし、徐々に担当案件を持つことができます。

 
また、試験取得につけて勉強に集中したい方は、アルバイトからスタートし正社員登用という道
もあります。
最近では多くの会計事務所が就業中の税理士資格取得を推奨しており、通学との両立に協力的です。
そのため正社員でも学校に通い資格取得を目指しながら、働いている方も多いです。
 
 

まとめ
 

いかかでしたか?
税務処理の代行だけでなく、クライアント企業の経営に関わる相談やコンサルタントなど、
会計事務所が担う役割に厚みが増してきたことで、会計事務所で働きたい方が増えてきています。
現在、会計事務所でも採用に積極的な傾向にあるので、興味をお持ちの方は、
ぜひチャレンジしてみてください。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら