英語スキルを持っている方必見!会計事務所の求人動向

会計事務所への転職


 

会計事務所が求めている人材ニーズの変化
 
少し前までは、「海外進出といえば大手企業」というのが一般的なイメージでしたが、
最近は大手企業だけではなく、中堅中小企業も海外に進出する時代になってきました。
また海外から日本へ進出する外資系企業も増えております。

このような企業の変化に合わせて、主に中堅中小企業をクライアントに持つ会計事務所でも、
国内クライアントの海外進出や外資系企業に対応する機会が増えてきています。
またそれに伴い、これまでは会計事務所であまり必要とされてこなかった英語スキルのニーズが高まり、
英語スキルを歓迎条件として記載する会計事務所の求人も増えてきました。

学生時代から英語が得意な方、自己啓発で英会話などに通っている方は仕事に行かせるチャンス到来です。
 
 
 
気になるワークライフバランスは・・・
 
■中小企業を顧客に持つ、会計事務所
中小企業向けサービスを展開している会計事務所の場合、
所長との信頼関係次第で休みなどの融通が利く場合があります。
また、地元の優良顧客を掴んでいる個人事務所であれば業務も安定しており、
残業が少なく労働時間も読みやすいので、落ち着いて勤務できることが多いようです。
しかし会計事務所によっては、クライアント企業先から
細かい入力業務を請け負ったり、給与計算などの労務業務まで受けている会計事務所も多く、
恒常的に忙しい環境になりがちです。
ワークライフバランスを取りたい方は、面接時に業務環境について聞いてみることをお勧めします。
 
 
■外資系企業を顧客に持つ、会計事務所
外資系企業のインバウンドサービスを行っている会計事務所の場合、
クライアント対応は英語でのメールのやり取りが多いのが特徴です。
このような会計事務所の場合、基本的に来客・訪問も少ないので、ワークライフバランスも取りやすく女性の活躍も見受けられます。
時短勤務、アルバイトなど多様な働き方をしている方が多いのも特徴です。
 
 
 
英語スキルをアピールする検定
 
必要な英語スキルの目安としては、TOEIC、TOEFL、会計系ではBATIC、IFRS検定などがあります。
ちなみにTOIECは600点以上が1つの目安になります。
上記検定の資格取得者はもちろん歓迎されますが、職種問わず仕事で使った事があると尚可です。
電話取次ぎ、接客経験、翻訳、契約書レビューなども優遇されるケースがあり、
会計実務経験がゼロでも、ビジネスメール、簡単な会話が可能という方への内定も増えてきました。
会計系の実務経験でなくても、英語を使って仕事をしていた方は職務経歴書にしっかりと書き込んだ方が良いでしょう。
 
 
 

ここ最近、自己啓発補助として英会話学校への通学を推奨する求人も見られます。
英語スキルはポータブルスキルとして将来どの職務に就くとしても活かせる可能性が高いので、
何か資格取得をお考え方の方にはとてもお勧めですよ。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら