働くならココ!会計事務所選びのポイント

お役立ち情報 会計事務所への転職

pixta_19408622_M

会計事務所で働いたことのない方であれば、どういった観点で事務所を選べば良いか、そもそも会計事務所そのものがどういったところなのかさえわからないという方もいらっしゃると思います。

「会計事務所」という同じ業種であっても、働いてみると事務所によって業務内容や雰囲気はまったく異なってくるのが現実です。そこで今回は、会計事務所を選ぶにあたり、ポイントとして知っておきたいことについて解説していきましょう。

 

■会計事務所は中小企業

最近では大規模な税理士法人も増えましたが、業界全体で言うと従業員5人程度の事務所が、数で言うともっとも多い規模となります。「会計事務所」と言うと聞こえはいいですが、企業体として見ると、中小企業、いや零細企業と言ってもいいのかもしれません。そして、中小零細企業だからこそ、以下に述べることが会計事務所選びのポイントとなります。

 

■所長のキャラクターが事務所のキャラクター

会計事務所も中小零細企業であるからこそ、良い意味でも悪い意味でも所長のワンマンという事務所が多くなります。所長のキャラクターによって、事務所の雰囲気や積める経験も大きく異なるというわけです。

一概には言えませんが、所長以外の従業員は、すべてパートという事務所などは、所長が外出ばかりで、あまり従業員の教育や仕事のチェックにまで目が行き届かない傾向があるようです。しっかりキャリアを積みたい場合には、所長以外にも税理士が在籍している事務所や、資格がなくてもベテランの職員がいる事務所を選ぶようにしましょう。このようなことは、ホームページがない事務所であっても面接で確認できます。面接の際に、事務所の従業員構成については聞いてみましょう。

また、所長の性格によっても事務所の雰囲気は変わります。気さくで明るい所長であればまだ良いですが、口数も少ない職人肌の所長であれば、やや働きにくい事務所と言えるかもしれません。面接だけの少ない時間では、なかなか測り知ることはできません。しかし、少なくとも所長のキャラクターによって事務所の雰囲気が大きく異なることを知ったうえで面接に臨む。これだけでも、感じるものがずいぶん変わるはずですよ。

できることなら、実際に仕事をするオフィスも見せてもらいましょう。実務書の数や、書類の整理整頓の度合い、書棚のファイルからクライアントの多さなど、事務所のキャラクターが垣間見られる場合も多いですよ。

 

■福利厚生や残業手当の支給なども面接で確認

所長のキャラクターは事務所の雰囲気などばかりでなく、福利厚生などの待遇面にまで影響します。慰安旅行や食事会といった事務所イベントなどがあるかどうかを、面接でさりげなく聞いてみましょう。

こういった事務所イベントを大事にしている所長であれば、従業員の面倒見のいい事務所と言えそうです。また、確定申告時期など繁忙期に残業があるのも会計事務所の特徴。残業手当の支給については、必ず確認するようにしておきましょう。

ここで回答を嫌ったり、お茶を濁したりするようであれば、入社してから後悔することになりかねません。事務所のイベント、つまりは従業員を大事にし、払うべき残業手当もしっかり払う所長であれば、きっと事務所の雰囲気も良いはずですよ。

 

■おわりに
いかがでしたか? 会計事務所勤務を検討しているのであれば、ぜひこれらを参考に、自身に合った会計事務所を探してみてくださいね。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら