自己分析が大切な3つの理由。具体的に何をすればいいの?

お役立ち情報

自己分析が大切な3つの理由。具体的に何をすればいいの?

転職活動においては、応募書類の作成や企業選びを行う前に、まずは自己分析を進める事が大切だと言われています。しかし、自己分析が本当に必要なのかと考えられている方も多いのではないでしょうか。

今回は、自己分析を行う理由を3つお話すると共に、具体的に何をすればいいのかもご紹介します。

 

理由その1: 自分の仕事観を把握するため
自己分析を行う1つ目の理由は、自分の仕事観を把握するためです。今までのキャリアの中で大切にしてきた価値観や仕事を行う上でのこだわりは、転職先を選ぶ上で重要なポイントになります。

例えば、あなたが1つの事にじっくりと取り組むことを大切にしているにも関わらず、転職先が「とにかく量をこなすのが大事」と考えている場合、周りと価値観が合わず、仕事が辛くなってしまうかもしれません。こうした事態を防ぐためにも、自分が働く上で大切にしている事を把握するのが大切になります。

また、転職の面接では、自分の仕事観を聞かれる事があります。こうした質問に答えるためにも、自己分析を通して、自分の仕事に対する価値観を把握する事は大切です。

自分の仕事観を把握するには、これまで経験してきた業務や仕事を行う上で工夫してきた事を振り返りながら、自分がどのような考えで仕事に取り組んできたのかを考え、思いついた事を紙にメモするのがオススメです。何回かメモを取っていると、自分の仕事観が見えてくる事でしょう。こうする事で、自分が働きたいと思える企業に出会いやすくなると思いますよ。

 

理由その2: 書類や面接でのアピールポイントを作るため
2つ目の理由としては、応募書類や面接でのアピールポイント作りが挙げられます。転職活動においては、応募書類や面接で自分をアピールする必要があります。その際、自分自身の強みを把握しているかという点は非常に重要です。

自分の強みを把握するためには、これまでのキャリアを振り返り、どのような所で自分の強みが発揮されたのかを振り返るのが大切です。今までの職場やそこでの仕事内容、扱った商品・サービスの内容、仕事を通して獲得したスキルや知識、経験を見直すことで、自分の強みを理解できます。

応募書類や面接で自分の強みをアピールする際は、具体的なエピソードを1つ選び、それを元に話を展開していくといいでしょう。自分が担当していた仕事や行う際に考えていたこと、仕事を通して得られた成果をまとめ、応募先に説明できるようにします。仕事での実績をアピールする際は数値を使うと説得力が出てくるので、応募書類や面接の中で積極的に使ってみて下さい。

 

理由その3: 今後のキャリアを考えるため
今後のキャリアを考えるためにも、自己分析を通して自分と向き合う事が大切です。自己分析を通して、自分がこの先、どのような形で働いていたいのかを考えるキッカケを作る事ができます。

例えば、現在子育てに追われている方の場合、子育てが一段落した後に自分がどのような形で働きたいのかを考えてみてはいかがでしょうか。週に2~3日、パートでの働き方を希望するのか、それともフルタイムで働きたいのかなど、自分が希望するワークスタイルを事前に考えておきましょう。会計事務所で働きたい場合は、簿記の学習をいつどの範囲まで進めるのか、税理士などの資格を取得するのかを、同時に考えておくのがオススメです。

これらの点をあらかじめ把握しておく事で、企業選びが明確になり、自分が希望する働き方を入社後に実現しやすくなると思います。今後のキャリアや自分の軸が明確になるほど、志望動機や自己PRが説得力を持ったものとなり、面接の通過率もアップすると思いますよ。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら