円満退職において大切なこと②退職の話し合いの進め方

お役立ち情報

円満退職において大切なこと②退職の話し合いの進め方

転職先が決まったら、職場に退職意思を伝える必要があります。しかし、その理由を上手に伝える方法や、引き留めにあった時にどう対応すればいいか分からず、悩まれた経験をお持ちの方も少なくないと思います。

退職の意思を勤め先に上手く伝えるには、知っておきたいポイントがいくつかあります。
このページでは、退職の話し合いの進め方についてご紹介します。

 

退職理由の説明を求められたら?
退職の意思を上司に伝えると、ほぼ必ず、その理由を聞かれると思います。退職理由を説明する際は、「大変心苦しいのですが…」といった丁寧な言葉を添えつつ、前向きな理由を話すのがポイントです。例えば以下の内容があげられます。

「簿記の試験に合格したので、スキルを活かせる場で働きたいと思った」
「税理士試験にチャレンジしたい。勉強する時間を確保したいと考えている」
「子育てにもっと時間を費やしたい。柔軟にシフトを組めるところで働きたい」
「夫が転勤するので、一緒についていこうと思っている」
「両親の介護のため、今までの働き方を見直す必要が出てきた」

退職理由を説明する際は、こうした前向きな理由、もしくはやむを得ない事情を伝えるのがポイントです。

また、会社や一緒に働いている方への不満を退職理由として伝えるのは避けましょう。例えば以下のような内容があげられます。

「同僚、先輩、後輩とうまくいかない」
「今の仕事が自分に合ってない」
「労働環境が良くない」
「給与が低い」
「会社の経営方針や経営状況が変わった」

円満退職を実現するには、勤め先の上司や周囲の方々に気持ちよく送り出してもらうのが大切です。そのためには、職場の人間関係や給与の少なさなどの勤め先に対する不満を退職理由として伝えるのは避けましょう。ステップアップのため、もしくは子育てや家庭を優先させたいなど、個人的な理由を中心に話すのがポイントです。

 

引き留めにあったら?
退職を申し出た際、引き留めにあう事は珍しくありません。その理由としては、あなたが会社にとって必要な人材だからという事情もありますが、他にも会社の方針として退職を希望する従業員の引き留めを行っている場合や、本来あってはならない事なのですが、部下に退職されたことを責められたくない上司が、自分の保身のために引き留めを行う場合もあります。

引き留めの際、よく言われるのが「待遇を改善する」「給与アップを約束する」といったことです。こう言われて、気持ちが揺らいでしまう方も少なくありません。この場合は、自分を必要としてくれている事に感謝しつつも、退職への決意が変わりはない事をハッキリと伝えましょう。上司がなかなか退職を受け入れてくれない場合は、会社の人事部に相談して事情を伝えることが必要です。
また、引き留めにあうことが事前に予測できる場合は、そもそも何のために退職をするのか、退職しても本当に問題はないのかを事前にハッキリさせておくと、気持ちの上でブレがなくなるのでオススメです。

 

転職先への報告も忘れずに
すでに転職先が決まっている場合は、必要に応じて、退職交渉の進捗状況を内定先に報告しておいた方がいいかもしれません。特に退職が難航しそうな場合は、必ずそのことを伝えておきましょう。会社によっては入社日の延長を認めてくれる所もありそうです。ただし、こうした事態はなるべく避けたいところ。そのためにも、円満に退職交渉を進めていくことが必要です。

退職を受け入れてもらえた後も、社内に正式に公表されるまでは、退職することについて他の社員に言うことは避けましょう。社内公表された後は、周囲の方への配慮を忘れず、これまでお世話になった事へのお礼も忘れないでください。最終出社日までには身の回りの整理整頓もきちんと済ませ、職場の方に気持ちよく送り出してもらえる状態を目指したいですね。

 

まとめ
退職理由の説明を求められたら、前向きな理由ややむを得ない事情がある事を伝えます。引き留めに合うことも予想されるので、その場合は退職の決意が変わらないことをハッキリと伝える必要があります。退職交渉が難航しそうな場合は、転職先にそのことを伝えることも必要です。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら