会計事務所で働く上で、持っておきたい資格やスキルとは?

お役立ち情報 会計事務所への転職

会計事務所で働く上で、持っておきたい資格やスキルとは?

育児中の方や、家庭と両立したい方など、働きたい時間に働きたいと考えている方は多いと思います。
最近では会計事務所で時短やパートで働くというケースが増えてきていますが、働きたいけどいろいろと気になることが・・・と悩んでいませんか?

たとえば、
「簿記などの資格が必要なんだろうか。」
「求人には”未経験歓迎”って記載されているけどやはり経験者が有利なのかな?」
「どんなスキルを持っていれば採用されるのだろうか・・・」
など、未経験やスキルについての悩みが多いと思います。

今回は、未経験から会計事務所で働きたい方を対象に、持っておきたい資格やスキルについてまとめてみました。


未経験から会計事務所で働くには資格は必要なの?

<日商簿記検定>
実は、会計事務所の多くが、簿記3級レベル以上の知識を求めています。仮に持っていない場合でも、資格取得のための勉強をしている事はアピールした方がいいでしょう。応募する前に簿記の本を1冊買って読んでおくと安心ですね。

ご年齢によっては、未経験は困る、最低でも簿記3級はないと・・・といった理由でお見送りになる事も珍しくありません。ご年齢が上がると、自然と資格を持っておられる方も増えてくるので、簿記や会計の勉強を進めている事を前提とした上で応募した方がいいでしょう。


会計事務所で働くために必要なスキルとは?

<パソコンのスキル>
簿記以外では、パソコン関連のスキルをお持ちだと有利です。会計事務所でのお仕事は、Wordで文章を作ったり、Excelで表計算を行うことがよくあるので、こうしたソフトの使用に慣れている事が他の応募者より高く評価される事に繋がるケースもあります。こうしたソフトに関する資格である「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)」というものもあるので、興味があれば一度調べてみるのもいいかもしれません。

<経理のご経験>
一般企業での経理経験が採用の決め手となるケースもあります。こうしたご経歴がある場合は、面接で積極的にアピールしてみてはいかがでしょうか。また会計ソフトを実際に使用して業務を行っていた経験のある方は、そちらもアピールポイントになります。
経理職のご経験がなくても、今までの社会人経験を振り返るとアピール出来るスキルが見つかることも。これまで会計にかかわる仕事に触れた事がない、一般事務の経験しかない・・・という場合でも、その時のご経験が評価されることもあります。求人に応募する前には、先方にアピールできそうなスキルがないかを探した上で面接を受けられてみてはいかがでしょうか。

<数字を扱うのが得意>
また、数字を扱うのが好き、細かい作業が得意といったこともアピールの対象になります。というのも、経費精算や給与計算、決算業務といった会計事務所で行う仕事は、何よりもまず正確さが求められるからです。スキルや経験だけでなく、自分の得意分野もぜひアピールしてみましょう。


まとめ

未経験から会計事務所で働くためには、簿記検定を取得している、少なくとも学習を進めている事が大切です。また会計事務所ではWordやExcelを使う機会がありますので、実際に仕事で使っていたという経験はアピールポイントになります。WordやExcelを使用した事がない方は理解を進めておくのがいいでしょう。

スキル面に関しては、一般企業での経理経験をお持ちだと有利です。仮にご経験がない場合でも、これまでの社会人経験の中で身に付けたスキルがアピールポイントになる事もあることもあります。また、数字を扱うのが得意、細かい作業が好きといった強みがある場合は、これらを面接中にアピールしてみるのがオススメです。


アカナビメルマガへのお申込みはこちら