【面接のコツ①】早期退職の理由を聞かれたら

お役立ち情報

早期退職の理由を聞かれたときに絶対に言ってはいけないのが、不平や不満です。
本当は、職場の雰囲気や人間関係が原因であったり、
給料が低かった、サービス残業が多かったという理由だとしても、
それだけを理由に退職したと言ってしまっては、あなたが悪いわけではないのにあなたの印象も悪くしてしまいます。

このようなことから、早期退職の理由を聞かれたときに重要なことは、「決してマイナスイメージのことは言わない」ということになります。
早期退職者ですから、何か事情があったことは面接する側も承知済みです。
健康問題、人間関係、取引先とのトラブルなど、実際に退職した理由はさまざまでしょう。
もしかするとブラック企業だったのかもしれません。

しかし、そうであったとして、前向きな目的で早期退職したのだという理由を述べなくてはいけません。
あくまでも、「ステップアップのための早期退職であり、転職なのだ」という方向で、ポジティブな転職であることをアピールしてください。
面接官は、「この人は長く働いてくれるのか」という部分を見ています。
採用にはコストがかかります。嫌なことが起きてそれが理由ですぐに辞めてしまわれては、コストがかかり会社にとってマイナスになってしまいます。

この会社で働きたいという気持ちが感じられない人物は採用されないということはわかると思いますが、それ以前に、仕事に前向きでない人物は会社には不必要なのです。
ネガティブな原因だったとしても、嘘をつくわけではありません。何かしら、ポジティブな理由があるはずです。
面接官の目を見て、胸を張って、しっかりと退職理由を述べてください。


新着求人一覧


求人を今すぐ検索する

アカナビメルマガへのお申込みはこちら