どんなことがあっても働きつづけたい女もいる~認可保育園 落ちた母が提訴~

妊娠・出産・育児 田村麻美ブログ


 

とあるSNSのタイムラインで流れてきた記事。

認可保育園 落ちた母が提訴・・・・「確保は三鷹市の責務」毎日新聞

(http://mainichi.jp/articles/20161213/k00/00e/040/156000c)

詳しくは記事を読んでもらいたいのだが、保育園に入れなかったので訴えたという記事だ。

こういった保育園問題はここ最近、メディアを賑わせていて、

いつかこういったこともあるのかなあと思っていたので、特段驚いてはいない。

私の娘も今、認証保育園にお世話になっているので、ゆくゆくは認可保育園にお世話になりたい。

なので他人事ではない。気持ちとしては記事と同じように保育園が増えていただければありがたいことこの上ない。

で、今回のこのブログでいいたいことはこんなことではない。

SNSでこの記事をシェアしていた人のコメントだ。

「なぜ働くのか?子育て中、母親が働かなくてもいいくらい豊かな日本であればいいのに」

とあった。

この方は、母親であるらしいが、働いているのか働いていないのかわかりません。

豊かな日本になることは私も大賛成です。

ただ、このコメントにとてもひっかかりました。

「なぜ働くのか?子育て中、母親が働かなくてもいいくらい豊かな日本であればいいのに」

とても違和感を感じました。

私は豊かな日本であれば働かないのだろうか?

 

経済的な事情で働かざるをえない女性もたくさんいるかと思います。

この行政を訴えた方の状況はわからないですが、なんとなくですが、経済的事情よりもキャリアを途絶えたくない、

働き続けたいという思いもあるのでは?と感じました。

「私は」ですが、経済的に働かなくていい、豊かな日本だったとしても、働き続けます。

自分の存在意義、自己顕示欲のために働きたいと思い続けると思います。

少数かもしれませんが、そんな子供も欲しい、仕事もしたいという欲張りな女性もいるのでは。

なので、保育園に入れないという現状が、子供を産むとキャリアが閉ざされてしまうと不安に思って

少子化につながる可能性も多分にあると思います。

それこそ日本的にやばいでしょうと考えます。

そのためにも、保育園・・・増えていただけると女性も安心して産めるようになるかもしれませんね。

保育園増設問題とは論点がずれましたが、

女性が働きながら子育てをすることにはいろいろな意見があります。

自分の承認欲求のために、働きたいから働く。

という私のような理由もあると思います。

 

男性なみにキャリアを積んだ女性が増えてきた昨今を考えると、

経済的理由関係なしに、働き続きたい女性は増えるであろう。

共働きは当たり前になるだろうし、

そして、承認欲求を追い求める自己顕示欲の強い女達が、より一層増えるのであろうから、

少子化対策もしたい、さらに女性にも輝いてほしいのであれば、保育園はやっぱり増やさないといけないんでしょうね。

まあ、私はすでに輝きまくっているし、活躍しているけどな。

 

「田村麻美.com」より転載。)

 

 

 


 

 プロフィール 

田村 麻美

1児の母として育児をしながら、女性税理士として足立区を中心に活動。
TRYビジネスソリューションズ株式会社代表取締役でもあり、現在、早稲田大学院経営管理研究科にも在学中。
(http://www.tamuramami.com)

趣味:一人でお酒をのむこと・個人ブログを書くこと・アイドル格付け・自転車にまたがること・一人旅
最近興味あること:子供の体温と株価の上下幅
好きな言葉:とりあえずやってみよう・諸突猛進・にげちゃだめだにげちゃだめだ

経 歴
1984年 埼玉県白岡市生まれ
2002年 埼玉県立浦和第一女子高等学校卒業
2006年 立教大学経済学部会計ファイナンス学科卒業
2008年 立教大学経済学研究科経済学専攻博士課程前期課程修了
2008年 都内大手税理士法人にて勤務。
2012年 地元税理士事務所にて勤務。
2012年 足立区の税理士事務所にて勤務&税理士登録
2013年 田村麻美税理士事務所 独立開業
2015年 TRYビジネスソリューションズ株式会社設立
2017年 田村麻美税理士事務所改め税理士法人江波戸会計東京支社長に就任
 


アカナビメルマガへのお申込みはこちら